子供教室

授業の流れ

授業の流れ

子供教室(小学生・中学生) 週1回90分授業
(ペン習字40分+ふで習字50分)

1元気に挨拶して入室、道具の準備をします。

道具の準備、片づけは自分でします、自分のことは自分でする。自立を促す大切なことです。

2ペン習字をします。(40分)

書峰社書道書道では、小学校のうちに1,006字の「読み」「書き」「筆順」を教えます。書峰社書道の「書き込み式ペン字テキスト」は手本のすぐ下に練習します。先生が何度も添削してくれるので、上達が早くなります。

授業の流れ
ペンテキスト

3ふで習字をします。(50分)

お手本は解説付きで学ぶことができます。先生が手をとって、筆の持ち方から教えます。お子様のお名前手本(ラミネート加工)を使用し、書き方の指導をします。

授業の流れ
授業の流れ

4終わったら片付けをします。
片付けが終わったら先生にきちんと挨拶をして退室します。

書峰社書道は、親の気持ちになって「情緒豊かな子供」の育成を目指しています。あいさつや用具の取り扱いなど「しつけ」も厳格にしています。

子供教室の注目ポイント!

授業の流れ

札幌市内及び近郊275教室あり、欠席した分は振替できるので無駄になりません。児童会館と併設している教室もあるので、仕事などで帰りのお迎えが遅くても安心して通わせることができます。

子供教室の注目ポイント!

授業の流れ

一年を通して楽しいイベントがたくさんあります!

詳しく見る
TOPにもどる